Trip Design|旅行をデザインしよう

 トリップデザインは、「旅行をデザインする」サイトです。どこに行こうか?という悩みから、どこに行く!行きたい!と決定するところまでを手掛けていきます。トリップデザインでは、旅行に行く楽しみ・目的の場所のおすすめスポット・目的地で時間が余った時に行くべきスポットなどを提案します。出発から帰着までをトータルにプロデュースします。

1日で楽しむ沖縄の満喫できる旅のプラン(ファミリー編)

1日で楽しむ沖縄のプランをファミリー向けにアレンジ

trip design 170922-001.jpg

photo by okinawaclip.com


 ファミリーで沖縄旅行に行くなら、3泊4日は欲しいですね。なぜなら、沖縄を満喫するためには最低でも2泊3日は必要だからです。




 家族全員で沖縄を楽しむ


 1日で沖縄を満喫する


 そのためにプラン決めは重要!




 ファミリーのための沖縄のトリップデザインを組み立てました。




 ファミリーで思い出をたくさん作りたい、自然あふれるところで遊びたいなどなど、家族の時間を存分に楽しみませんか?



ファミリーでタッチプールの思い出を 美ら海水族館

trip design 170926-001.jpg

photo by 水族館周辺エリア


 沖縄の美ら海水族館と言えば、


 沖縄で外せないスポット!




 約740種2万1000点の生き物に会える世界最大級の水族館です。ジンベイザメとマンタが泳ぐ巨大水槽「黒潮の海」を一度見ると、時間を忘れてしまいます。ファミリーで楽しむ水族館としては、日本でもトップクラスの水族館です。



行列ができる沖縄そばの人気店 山原そば

trip design 170926-002.jpg

photo by たびねす


 美ら海水族館で過ごした後は、遅めの昼食にしましょう。時間をずらせば、人気店の沖縄そばも並ばずに食べられることが多いですよ。ボリューム満点のソーキそばは、お替りしたくなるほどの絶品です。




 開店前から行列ができる沖縄そばとして有名な「山原そば」は、口当たりがまろやかでコクのあるスープが特徴です。麺や具とのバランスもこのスープにナイス!と大声を出したくなるほどの一品です。



動物たちをすぐ近くで観察できる ネオパークオキナワ

trip design 170926-003.jpg

photo by ノマド的節約術


 園内を一周するガイド機関車があったり、動物たちを目の前で観察できるのが「ネオパークオキナワ」です。アマゾンのジャングルやアフリカのサバンナなどのエリアに分かれた園内で、様々な動物を飼育しています。



ファミリードライブの定番 万座毛

trip design 170926-004.jpg

photo by 美ら・琉


 海がキレイで有名なのが、「万座毛」です。サンゴ礁が広がる海に切り立つ断崖の先端は、まるでゾウの鼻のよう。崖の上は一面芝で覆われており、周囲には遊歩道が整備されているのでお散歩でも楽しめます。時間とともに色を変える海の青さには感動間違いなし!



1日で楽しむ沖縄の満喫できる旅 ファミリー編 まとめ

trip design 170906-001.jpg

photo by 美ら海水族館


 1日で沖縄を満喫するなら、


 ドライブ・カフェ・ショッピングで


 決まりですね。






 ファミリーの旅をプランニングするコツは、体を動かしたり、体験したりというアクティブなプランを1つ以上入れることです。







 家族でしか体験できない楽しみを存分に活かすためにも体験とグルメは必須でいれましょう。





 1日で楽しむ沖縄の旅。






 あなたが描くトリップデザインが完成できますように。



 今日という大切な1日を過ごしましょう。



Trip Design|トリップデザイン

この記事の更新履歴は、こちらです。

2017年 9月26日発信

1日で楽しむ沖縄の満喫できる旅のプラン(カップル編)

1日で楽しむ沖縄のプランをカップル向けにアレンジ

trip design 170922-001.jpg

photo by okinawaclip.com


 沖縄で旅を満喫するためには最低でも2泊3日は欲しいところです。




 1日で沖縄を満喫するには


 意外と我慢しなければならないもの。




 でも、絶対に外せない部分を旅のプランに組み込みました。




 カップルでスイートな時間を過ごしたい。2人だけの時間を大切にしたいという部分。普段見ることのできないクリアブルーの海を眺めながらのドライブ。沖縄でしか体験できないオシャレなカフェやショッピング。夕暮れのビーチでサンセットを見ながらのお散歩などのアレンジはこちらを参考にしてみてください。



海の上を爽快にドライブできる 海中道路

trip design 170922-002.jpg

photo by レンタルバス


 勝連半島と平安座島を結ぶ道路は、


 両サイドがどこまでも続く海です。




 海上をまっすぐ延びている眺めの良いカップルのドライブには最適のドライブコースです。ここには、ロードパークや海の駅あやはし館やビーチもあって思い出に残ること間違いなし!平安座島の先にある浜比嘉島の集落は「ザ・沖縄」という風景が待ち受けています。



まったりランチ&スイーツの王道を狙う 外国人住宅カフェ

trip design 170922-003.jpg

photo by okinawaclip.com


 沖縄の中部エリアには、駐留米軍の家族が住んでいた家をおしゃれにリノベーションしたカフェが点在しています。意外と知られていませんが。




 時間を忘れて、ゆっくりとした空間で、


 2人だけのランチを楽しめます。



カップルのためのショッピングスポット デポアイランド

trip design 170911-003.jpg

photo by デポアイランド


 美浜アメリカンビレッジの西側に広がるポップな造りの建物が並ぶのが「デポアイランド」です。




 ショッピングやグルメスポットに


 最高のベストスポット。




 デポアイランドには、90以上の個性的なショップやレストランが集結しているので、テーマパークのような雰囲気で楽しめることができます。



2人の1日を夕暮れで決める サンセットビーチ

trip design 170922-004.jpg

photo by Gooブログ


 美浜アメリカンビレッジ内にあるビーチが「サンセットビーチ」です。米軍基地に近いこともあって、外国人ファミリーも訪れることが多いのが「サンセットビーチ」です。




 沖縄ではサンセットスポットとして、知られています。




 カップルで食事をした後、


 夕暮れを見計らって、


 水平線に夕日が落ちていく


 ところを目に焼き付けましょう。



1日で楽しむ沖縄の満喫できる旅 カップル編 まとめ

trip design 170906-001.jpg

photo by 美ら海水族館


 1日で沖縄を満喫するなら、


 ドライブ・カフェ・ショッピングで


 決まりですね。






 カップルの旅をプランニングするコツは、2人でしか行けない場所を見つけることです。







 他にも古い民家が立ち並ぶ浜比嘉島には、神話ゆかりのスポットもありますし、宜野湾ファニチャーストリートにはアメリカン雑貨が充実しています。探せばいろいろ出てくるのです。





 1日で楽しむ沖縄の旅。






 あなたが描くトリップデザインが完成できますように。



 今日という大切な1日を過ごしましょう。



Trip Design|トリップデザイン

この記事の更新履歴は、こちらです。

2017年 9月22日発信

沖縄の達人になる登竜門!地名・方言・珍風景のまとめ

沖縄の達人になる登竜門!難しい地名の読み方

trip design 170921-001.jpg

(photo by SIDE-ONE)


 沖縄の地名って、初めて見ると驚きですよね。日本人でも読めない。どうやって読むの?読んでみると、違うと言われる。そんな経験ありませんか?




 沖縄の達人になる第一歩。




 まずは、難しい地名です。




 一般的な読み方をしない独特な地名が多いのが沖縄ですが、代表的な市町村だけでも読めるようになった方が絶対に良いです。




 沖縄で恥を書く前に覚えましょう。






ベストセレクション12市町村

1.国頭村 → くにがみそん

2.大宜味村 → おおぎみそん

3.今帰仁村 → なきんじんそん

4.本部町 → もとぶちょう

5.恩納村 → おんなそん

6.金武町 → きんちょう

7.読谷村 → よみたにそん

8.北谷町 → ちゃたんちょう

9.宜野湾市 → ぎのわんし

10.中城村 → なかぐすくそん

11.南風原町 → はえばるちょう

12.豊見城市 → とみぐすくし




 いかがですか?


 読み間違えていたもの、読めなかったものありませんか?




 沖縄に行って、レンタカーで場所を登録しようとしたときに一番困るのが地名の読み方が読めないことです。これで間違いなく、時間の短縮はできますね。



沖縄の達人になる登竜門!方言は外国語並みに難しい

trip design 170921-002.jpg

(photo by okinawaclip)


 沖縄の方言、聞いたことありますか?



 テレビで聞いたことはあるかもしれませんが、全くわからないというのが本音ではないでしょうか。実際、沖縄の方言に触れる機会は少なからずあります。





 そんな時、


 突然話しかけられてもわからない。


 そんなことにならないように


 少しだけ覚えておきましょう。






沖縄の方言セレクション

1.ハイサイ

 →こんにちは。



2.めんそーれ

 →いらっしゃい。



3.にふぇーでびる

 →ありがとうございます。



4.てーげー

 →いい加減。



5.なんくるないさぁ

 →なんとかなるさ。



6.ゆんたく

 →数人でおしゃべりすること。



7.ちゅらかーぎー

 →美人。




 1度は聞いたことありますか?


 沖縄の那覇空港に降り立つと目に入るのが、




 めんそーれー。




 沖縄に来たんだ。という気持ちにさせる素晴らしい言葉だと感じます。少し方言を覚えておくだけでこんな気持ちにさせる沖縄の方言は、魅力的です。



沖縄の達人になる登竜門!珍風景も見逃せない

trip design 170921-003.jpg

(photo by エンタメウス)


 沖縄を普通に歩くと気づけないものも、意識的に見ていると「あれ!?」「なんだ!?」というようなものまで見つけることができます。




 そんなものを少しだけ紹介します。



 沖縄の珍風景・雑学という感じです。




沖縄の珍風景ベストセレクション

1.かめーかめー攻撃

 →沖縄の市場を歩いていると、「かめーかめー」って言葉が聞こえる。これは、沖縄で「食べて、食べて」という言葉なのです。最初は何言ってるんだろう?と思っている人もこれを知っておけば、納得です。



 かめーかめーは、沖縄の思いやりにあふれた「おもてなし」の言葉なのです。




2.道にある謎の石碑

 →「石敢当」と呼ばれる石碑がT字路の突き当りに設置しているのを見かけます。なんだろう?と調べてみると、「魔除け」のために建っているとのこと。探してみるのも沖縄の達人になる楽しみにです。




3.沖縄のご当地ヒーロー

 →沖縄にもご当地ヒーローがいるのはご存じですか?沖縄ローカル番組のヒーローの名前は、「琉神マブヤー」と呼ばれます。沖縄のお土産にもいかがですか?戦隊ヒーローに負けないくらいのカッコよさです。



沖縄の達人になる登竜門!地名・方言・珍風景 まとめ

trip design 170921-004.jpg

(photo by HIS)


 沖縄のトリップデザインを完成させるためにも必要な豆知識や雑学をご紹介しました。まだまだ、たくさんありますがこれはほんの一例です。




 沖縄を楽しく、遊びつくす。




 それがトリップデザインが目指している完成形です。




 沖縄の達人が1人でも多く、そしていろいろな情報を共有して、全ての人が楽しいトリップができるように願っています。





 あなたが描くトリップデザインが完成できますように。



 今日という大切な1日を過ごしましょう。



Trip Design|トリップデザイン

この記事の更新履歴は、こちらです。

2017年 9月21日発信

ギャラリー
アーカイブ
カテゴリー